映画『しあわせへのまわり道』

映画『しあわせへのまわり道』

FACEBOOK 映画『しあわせへのまわり道』 TWITTER 映画『しあわせへのまわり道』

Director

1960年、スペイン・バルセロナ生まれ。アメリカ&スペイン合作映画『あなたに言えなかったこと』(95)で初めて日本に紹介された。サラ・ポーリーがガンで余命幾ばくもない主婦を演じた『死ぬまでにしたい10のこと』(03)で絶賛を博し、ゴヤ賞の脚色賞を受賞。再びサラ・ポーリーと組み、ティム・ロビンスを相手役に迎えた『あなたになら言える秘密のこと』(05)では、痛ましい秘密を抱えた女性の苦悩と再生を描き、ゴヤ賞の作品賞、監督賞、脚本賞に輝いた。パリの街をテーマにしたオムニバス映画『パリ、ジュテーム』(06)の一編『バスティーユ』を手がけたのち、初老の大学教授とその教え子の愛の行方を見つめた『エレジー 』(08)を発表。同作品で主演のペネロペ・クルスに加え、ベン・キングズレー、パトリシア・クラークソンとのコラボレーションを経験した。親日家としても知られ、菊地凛子とセルジ・ロペスが主演した孤独な男女のラブ・ストーリー『ナイト・トーキョー・デイ』(09)では東京ロケを実施した。最近では、ジュリエット・ビノシュと菊地凛子を主演に迎え、本年のベルリン国際映画祭のオープニングを飾った『Nobody Wants the Night(英題)』(15/未)を発表した。

PageTop